~東海エリア(名古屋・浜松・静岡)において保育士試験・保育士資格、手話技能など対策講座で多数の実績!!~

お問合せ先。電話番号052-569-7620 平日10時~21時 土日10時~18時
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 入学お申込み

1月 18 2014

ワンちゃんの不思議パワー☆

10:10 AM ブログ

2014年1月14日(火)の中日新聞に、
「虐待児童の療育にセラピー犬 心落ち着き症状緩和」というニュースが載っていました。

——(以下、一部抜粋)——————————————-
愛知県日進市の児童心理療育施設「わかば館」が、虐待を受け心理的治療が必要な児童に、犬を使ったアニマルセラピー(動物介在療法)を導入。つらい記憶がよみがえるフラッシュバックや人への愛着形成に苦しむ子たちの心を、穏やかな犬の存在が落ち着かせる効果などがあることが証明された。
同館には虐待されたつらさから、自分の中につくった別人格にその記憶を背負わせたり、一時的に記憶が飛んだりする解離性障害がある子どもたちが生活している。相手を攻撃することで注意を引こうとする傾向もあり、普段は定期的に専門職員との心理療法を続けている。だが、ふとしたことで職員が虐待していた親などと重なりパニックになる。それが壁となって、適切な人間関係や愛着の形成に時間がかかる。 セラピー実施後は、3人とも他の子と比べて症状が緩和。8歳の女児は急に記憶が飛ぶことが減り、言葉遣いも素直になり、「優しい人になりたい」と話すようになった、、、。 ——————————————-

我が家にも“ハンドリー”という名の犬がいます。(おさるのジョージより命名)昨年の1月頃に産まれ、まだ1年ほどしか経っていないのに、私が抱き上げられないくらい大きく成長しました。
白くて、優しい目をしていて、仕事から帰るとゲージに手をかけてクーンクーンと甘えてくれます。(親ばかですね・・・)
この瞬間いつもホッと癒されます。また、玄関では小さなフナやモロコといった魚たちも私を迎えてくれます。これもまたかわいいです。
癒されている自分を思うと、犬はもちろんのこと、命あるものからもらうパワー・癒しの力というのは間違いなくあるということを改めて感じました。
今後もこういったアニマルセラピーにより、少しでも多くの子どもたちの症状の改善や回復につながるといいですね~!☆ (T.O)

(我が家のハンドリーです ♡♡♡ )

0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

スタッフ・ブログ

このページの先頭へ

Copyright© PEOPLE CAREER All Rights Reserved.