~東海エリア(名古屋・浜松・静岡)において保育士試験・保育士資格、手話技能など対策講座で多数の実績!!~

お問合せ先。電話番号052-569-7620 平日10時~21時 土日10時~18時
  • 資料請求
  • 無料説明会
  • 入学お申込み

未分類

10月 18 2019

*2019年、保育士(後期)試験を控えて~

受験生の皆さん、 いよいよ保育士試験の本番(10月19日・20日)に近づいてきておりますが、ご準備は整ってますでしょうか? 尚、東海地方の天候、今のところ、明日が「曇り後雨」、明後日が「 晴れ」となっています。

初受験の方は、色々とナーバスになおられる方もいらっしゃるかと思いますが、他の方々も一緒です。自信を持って臨みましょう。保育士試験の合格に人数枠があるわけはなく、各科目60点(60%)以上取れれば、皆さんが合格できます。ですので、みんな同じ仲間だと思って取り組まれるとよいですね~♪

さて、試験当日は、以下のことに留意し乗り切りましょう! ①受験票・筆記用具・腕時計・飲み物(水など)と自身が学習したテキスト類は忘れないよう確認すること。 ②時間に余裕を持って、試験会場に行こう。 交通機関など急なアクシデントや、また大学等、大きな試験会場の場合、敷地内に入ってから席に着くまで時間を要する場合も。 ③ 一科目が難しかっても、気持ちを切り替え2科目目に臨もう。 保育士試験は、ご存知の通り、各科目別で60%以上の正解で合格です。何問か気になる箇所があっても、決して落ち込んだりしないで他の問題(や科目)にあたりましょう。 ④試験問題は持ち帰りができますので、問題に自身の答えを記入(チェック)されることをお奨めします。(尚、翌日には、解答速報がでますので、自己チェックし、実技試験に進まれる場合は、より早く準備することが可能です。) ⑤寒さ暑さは、試験会場や空調設備によってかわってきますので、寒がりの方は、カーディガンなど、少し羽織る物を持って行きましょう。 ⑥休憩時間も、これから受ける科目のテキストと睨めっこ(疲れない程度に・・)しよう。(ちょっとの合間に見ていたところから、そのまま出ていたとの声も聞きます)

「信は力なり」! ここまで、頑張ったんだから、自分の力を信じ、決してあきらめない気持ちで乗り切りましょう!   

~ 事務局スタッフ一同、皆さんのご健闘、心よりお祈りいたします☆ 

7月 21 2019

§秋(後期)の保育士試験と来年の試験科目に関して

7月も後半に入り、いよいよ梅雨明けの時期に近づいていますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、5月1日に元号が令和になり、2019年後期、10月の保育士試験は、令和元年初の試験となります。受講生の皆さんは、もう受験願書の提出は済まされましたでしょうか?7月24日が最終締め切り(※当日消印有効)になりますので、未だの方は、お忘れないようお願いいたします。

 尚、今回の「受験の手引き」には、来年の試験に関する通知が入っておりました。 それは、来年(令和2年)から保育士試験の科目等が一部改正されるとのこと。 筆記試験科目の「児童家庭福祉」⇒「こども家庭福祉」に、 また、実技試験の科目も、音楽表現に関する技術⇒「音楽に関する技術」、造形表現に関する技術⇒「造形表現に関する技術」、言語表現に関する技術⇒「言語表現に関する技術」にそれぞれ変わります。その他、出題範囲も科目によって変更が行われるようです。  

  保育士の試験には、教科書以外の身近な事件や現代の問題となっているものも出題されることがあります。 近年、児童虐待に関するニュースは後を絶たず、児童相談所での虐待等の対応件数も増加しています。こうした中で子どもの人権を尊重し、また家庭への支援といった問題も山積しています。児童・家庭を取り巻く環境や、どのような施策がなされているのか、情報を集めたり理解を深めることも大切ですね。

7月 07 2019

§2019 前期・保育士試験、実技(造形)の内容について

受験生の皆さん、先日は、保育士(実技)試験、大変お疲れ様でした! それぞれ科目毎に、普段にない緊張感との戦いだったのでは、、。 結果発表までは、ドキドキかもわかりませんが、やれるだけ努力されたかと思います。 是非、自信を持って待ちましょう~☆ (因みに当校、30年後期も100%の合格率を達成しています☆)

「音楽」「言語」「造形」、それぞれに苦労されたかと存じますが、試験当日にテーマが発表される「造形」につきまして、その内容がわかりましたので掲載させていただきます。

                         ⇓    ⇓

下記の【事例】を読み、次の4つの条件をすべて満たして、 解答用紙の枠内にその情景を描きなさい。 【事例】 H保育所の4歳児クラスの子どもたちが、園庭の一角で花や野菜を育てています。 夏のある日、保育所と一緒に水やりをしたり収穫をしたりするなど、楽しく世話をしました。 『条件』 1. 花や野菜の世話をしている様子を描くこと。 2. 季節や園庭の様子がわかるように描くこと。 3. 子ども3名以上、保育士1名以上を描くこと。 4. 枠内全体を色鉛筆で着彩すること。

スタッフ・ブログ

このページの先頭へ

Copyright© PEOPLE CAREER All Rights Reserved.